婦人の洋服

 婦人の洋服が決定的に流行しないのは、婦人の労働の大部分の場合が家庭内労働であり、而もこの労働職場が畳式に出来ているので、和服は或る程度まで労働服の役割りを果すのである。少なくとも外の近代的施設の下で働かないので、洋服を労働服として要求しないのだ。勿論畳式家庭内労働でも立居振舞にとって和服は理想的な...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:34 pm  

和服と洋服との結合

 之は和服というものが元来の約束であった和装[#「和装」に傍点]という条件から離れて、和服である点では少しも変らぬに拘らず、いつの間にか洋装[#「洋装」に傍点]の条件に嵌って了った場合であって、和服と洋服との結合はこうした意味な形で、現にごく審美的に成功しているわけだ。――だがこんな場合は、有閑層の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:34 pm  

衣裳と文化

 併し判定になると実は之程出鱈目なものはない。世の中の観衆の観劇眼がどの程度に進んでいるかは、検閲当局自身の観劇眼の程度によって判定を異にするし、又この劇自身が風俗警察や文化警察の対象になるか否かも亦、検閲当局自身の好色水準や社会意識水準によるのである。文化警察と風紀警察とが実際上、如何に警察権の主...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:33 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0153 sec.

http://www.yamato-shop.jp/